HISTORYヒストリー

ヒストリー

ヒルシュの歴史は1765年までさかのぼります。
革ベルト製造業は常にヒルシュファミリーのビジネス活動の中心です。
この家族の伝統は時代を超え成功を続けています。

ヒルシュは様々な時計ブランドのOEM生産をはじめ、
本社オーストリアを通じ世界中にブレスレットを供給しております。

ヒルシュ 
成功へのポイント

  • 革製品製造の長期にわたる成功
  • 絶え間ない発展への努力
  • 積極的な市場への貢献と新たな製品への挑戦

ヒストリー

1765創業

ヨハネスフランツ・ヒルシュがオーストリア北東部に位置するニーダーエスターライヒ州に皮革工房を開き、小さな皮なめし工場で靴やサドル用の革の生産をはじめる。

1935HIRSCHの初代特許

HIRSCH真空ベルトは、自動車産業のために発明され特許を取得しました。

1945

ハンス・ヒルシュは、クラーゲンフルト(オーストリア)でキッチンテーブルを作業台として使用し、ポケットナイフと家庭用ミシンを最初のツールとして使用して、靴の革から作られた時計ブレスレットの製造を開始しました。

1955革命的なイノベーション:HIRSCH REMBORDÉテクニック

ハンス・ヒルシュは、表のレザーと裏地のレザーをシームレスに結合する方法を発見し、HIRSCHが特許を取得しました。
この方法は、HIRSCH Rembordé技術として革とハンドバッグの職人によって採用され、現在は世界的な時計のブレスレット業界の標準となっています。

1957ヘルマン・ヒルシュ入社

そして3年後、HIRSCHの売上高は初めて100万ユーロを突破しました。

1961革新的なフォアランナー

HIRSCH POSユニットの発明により、HIRSCHはブレスレットを引き出しから販売カウンターに持ち込み、時計ブレスレットの販売に革命を起こし、初めてお客様にブレスレットを視覚的に店頭へ展示を開始しました。
POSユニットの開発は、時間の経過とともに有名な建築家やデザイナーの影響を受けています。
HIRSCHのためにホライン教授によって開発されたPOSユニットは、ニューヨーク近代美術館に表示されています。

1970

HIRSCHは、130人の従業員とHirschstraße5(クラーゲンフルト、オーストリア)に移転します。
70年代から80年代にかけて、国際的な販売をさらに拡大していきます。

19901億本目の時計ブレスレットを製作

HIRSCHは640人のスタッフの雇用をはじめ中国での合弁会社を設立しました。

1991

HIRSCHがインドで時計ブレスレットの生産を開始しました。

1995新しいディスプレイ

イタリアのデザイナーであるMatteo Thunが、新しいコルニッシュディスプレイを開発されました。
コルニッシュは、店舗でのブレスレットの新しい、最高品質のプレゼンテーションを提供しています。
この珍しいデザインのアイテムは、ヨーロッパデザインアワードで表彰されました。
HIRSCHは、時計用ブレスレットのメーカーとして初めてISO認証を取得しました。
ISO 9001認証は、組織のあらゆる分野における総合的なHIRSCHの品質管理の証拠です。

2000HIRSCH家の世代交代

ヘルマン・ヒルシュが監督委員会に異動し、息子のロバート・ヒルシュ(現CEO)が会社の経営を引き継ぎました。

2002新開発

HIRSCHはID識別ブレスレットを開発しました。 ブレスレット内部に入れたマイクロチップを利用して、ファッションアイテムであるブレスレットに機能を追加しました。アクセス権限、通貨の値と個人データをブレスレットに保存することができます。
現在クラーゲンフルトでは、社員用IDブレスレットとして社内で勤怠管理等に使用しています。

2003

HIRSCHがスイスの高級時計業界の主要サプライヤーとなりました。

2004「レオナルドコレクション」を発表

時計ケースとブレスレットの隙間をなくし完璧で美しいデザインを開発しました。
(インテグレ-トアタッチメント)

2005

ロバート・ヒルシュは、家族の伝統に従い父親からHIRSCH社を買い取りました。

2006革新的なフォアランナー

HIRSCHは、「シーンセッティング」の分野における革新的な先駆者としての役割を新たに果たします。
KISKA GmbHとの共同開発により、画期的な新販売システム「セッテ」を発表。「オーストリアのリーディングカンパニー」のコンテストで、HIRSCHは3位にランクされました。
そして、新しいモデルとして航空機の構造デザインにインスピレーションを受け、ブレスレット「アビエ―ター」を新作発表しました。

2007最初のプレミアムカウチューク(天然ゴム)ブレスレット

「ランス」はHIRSCHとして最初のプレミアムカウチュークブレスレットとして発表し、さらなる機能性・可能性を広げました。
「ブレスレットを着用する瞬間」に焦点を当て、お客様が様々なシーンに適したブレスレットをすばやく簡単に選んでいただける様に工夫を行いました。

2008

独自の販売システム「セッテ」は新しい外観を持ち、コミュニケーション要素を介して店内で営業ツールとして活用いただけます。
また、顧客をクラーゲンフルト(オーストリア)の工場見学に招待するというアイデアは大成功し、毎年多くの顧客をご招待するようになりました。

2009世界初のアロエベラブレスレット

HIRSCHは「カシミア」を開発しました。これは、肌にベルベットのように柔らかく、着用中にアロエベラの栄養成分で与えることができる最初のアロエベラブレスレットになります。

2010世界初の耐水性アリゲーター

バーゼルワールドフェアで、特にスポーツアクティビティ用に開発され、水泳やダイビングに使用できる世界初の100m耐水アリゲーターブレスレット「ヴァイカウント」が発表されました。(現在はモデル変更しカピターノとして販売しております)

2011新たなイノベーション

HIRSCHは今年の革新を提示します:コンフォートバックル-フルレザーのフォールディングバックルは金属が肌に触れることなく、手首の自然な形に適応します。
クラーゲンフルト(オーストリア)にある本社はさらに拡大され、多くの新しいアイデアを元に製造を増大していきます。

2012HIRSCHにとってジュビリーイヤー

素晴らしい記念パーティーの過程で、2億5千万個目のブレスレットの生産が祝われました。そして秋にHIRSCHは、「オーストリアのリーディングカンパニー」コンペティションで優勝し、「ゴールデンセントラルストラクチャー」のカテゴリーで金を受賞いたしました。

2013持続可能性の分野でマイルストーンが設置されました

非常に近代的な太陽光発電システムが工場の屋上エリアに構築され、会社に「クリーン」エネルギーを供給するだけでなく、地域の配電システムも供給するようになりました。

2014新しい発明

クラシックレザーとHIRSCH Premium Caoutchouc(天然ゴム)の両方の世界のベストを融合することで、新しいトレイルブレージングタイプの製品が生まれ、ブレスレットの歴史に新時代の幕開けを告げるパフォーマンスコレクションの誕生です。
HIRSCHは、パフォーマンスコレクションのブレスレットを使用して、機能性、着心地、寿命、美学の面で新しい基準を打ち立てていきます。

2015DESIGN AWARD WINNER

独創的なコレクションは、新しいユニークな時計のブレスレットを生み出し、そして「ジュエリー」のカテゴリーで、有名なプロダクトデザインコンペティション「レットドットデザインアワード2015」を受賞しました。
そしてHIRSCHのトリプルジュビリー!
HIRSCHブランド創業250年、ブレスレット製造70年、そしてCEO ロバート・ヒルシュの就任10年を記念した特別な年です。
これらのお祝いを記念して、ビジネスの継続的な成功を記した記念出版物がリリースされました。

2016

今年はHIRSCHがこれからも技術革新の分野での先駆的な役割を果たすために、新たに開発したERPシステムの実装を行いました。

2017

HIRSCHマジックバックルは、新しいHIRSCHフォールディングバックルコレクションの発売とともに初めて発表されました。
それは革新的なクラスプメカニズムにあり、1つのベースで18段階もの調整が可能なフォールディングバックルです。

2018同時に2つの新製品を発表「Ian」と「Bark」

パフォーマンスコレクションのスタイルと機能で製造されたこれらの製品は、特別に開発されたHIRSCH Naturo Caoutchoucで作られた特別なブレスレットです。

ページトップへ